車の下取り査定は損!?

車の下取りは大きな損をしている可能性があります

新車購入時にこれまで乗っていた車の下取り査定を受ける人は多いと思います。しかし、車の下取り査定はかなりの場面で金額的に損をしているのを知っている人は少ないです。下取りが当たり前になっているので、下取り査定が「買取」よりも損をする場合が多いというのは覚えておきましょう。車の買取と下取りの差は「金額」と「手間」です。下取りをで車を手放すということは、新車購入(中古車購入)時ですので、新車を買い換える店舗で新車購入代金から下取り金額を天引きされます。下取りと買取で金額が高くなるのは「買取」です。例えば、軽自動車などは中古車市場でも人気なので(初めて車を買う人が中古の軽自動車を購入しやすい)、予想より高値がつくこともしばしば。また年式なども関わってきて、低年式の車が得意な業者があったりもします。さばく台数は少ないけど利益率が良い車を中心に扱う業者や、低価格の車(軽自動車など)を中心に利益率が低くても大量に買取・売却のサイクルを多く回す業者もあります。これは、各業者の方針や得意ジャンルが大きく影響するので、ひとつの買取業者だけで判断できません。また、ひとつの買取業者の査定額では適切かどうかも判断できません。ですので、車を売る場合は複数業者の買取価格をしっかりと見積もってもらい、その中から高値の会社を選ぶ方法が良いです。そして、そんな時に非常に便利なのがインターネットから申込可能な車の一括査定依頼サービスです。このサービスは1回の必要事項入力で、複数業者(最大10社)から車の査定金額を見積もってもらうことが可能です。下取り査定ももちろん行うと良いですが、やはり買取査定も行った上でしっかり査定額を比較することが大切です。これにより、こちらから下取り店や買取店への交渉手段もできますので複数社での買取査定(下取り査定)は非常に有効な方法となります。例えば、G社で査定してもらった結果100万円がついた車が、A社で同時期に査定依頼したら130万円になったというような事例も数多くあります。もちろん、車種、年式や走行距離が変われば査定額もかわりますし、G社とA社の査定額が逆になることもありえます。今回の場合、G社でそのまま売却していたら30万円の損ということになってしまいます。そういった取りこぼしを防ぐためにも、できる限り多くの買取会社へ査定を依頼するのが(知識のある人の)一般的な流れになっています。

車の買取は下取りと違い完全に車を売却することです。車の下取りは新車購入メーカーに行うのに対し、車の買取は中古車買取店(その他オークション代行や個人売買)に行います。中古車買取店は、買い取った車をオークションや独自の販売ルート(海外輸出)などでさらに売却し利益をあげます。販売ルートや中古車を売却する前の整備費、あるいは在庫期間が下取りする新車メーカーと異なってきます。この違いが、下取りと買取の「金額」の差をうみます。

このページの先頭へ